【手芸講座】第5回 12/10 最終回 折りたたたみ式ポーチ 

12/2(金)~12/3(土)八名川小学校展覧会にて、今までの作品を感想と一緒に展示させていただきました!

お名前消してあります。

手芸は細かい作業もありますが、最後までやりきる力がつき、自信にもつながります。

完成した作品は、たくさん使ってくださいね。

 

さぁ、いよいよ最終回です。

縫うところは少ないけれど、出来上がりを考えながら・・できるかな?という物を

先生が最後に選んでくださいました。

不織布の芯地が貼ってある布をメインにします。

※芯地にはいろいろな厚さ・種類がありますが、今回は布が硬くなりすぎないよう柔らかいものを使っています。

 

①端から4.5センチになるように線をひく。

定規を上手に使って、切ったところから4.5センチになるように!

 

②全ての辺に線を引いたら、隣あう辺を合わせて箱を作る。 (二枚とも)

中表にして、線と線をまち針で合わせると良いです

③端からなみ縫いする。この時縫いしろを5ミリ(長い辺は1センチ)あけておく。

黙々と作業中。頑張れ〜

↑先生の道具箱、可愛い!          こうなればOKです↑

④裏地の方をひっくり返し、中表になるように重ね合わせる。

表地と裏地の縫いしろを反対方向に倒しておきましょう

⑤ひっくり返すための穴を3センチあけて、全周をなみ縫いする。

⑥端をしっかり折り込んで、ひっくり返す

しっかり出ない時は、目打ちを使ってくださいね

⑦裏返すのに使った穴はまつり縫いかコの字とじ縫いをする。

⑧きれいに折り畳んで、ボタンのための穴を開ける。

目打ちを使って、下の生地まで穴を開けないように!

⑨ボタンをつけたら完成です。

今年度も、多くのご参加ありがとうございました。

手芸だけでなく、何事にもチャレンジし、考えて、自信をつけて成長して欲しいです!

先生、保護者の皆様方、お手伝いの方々に心から感謝いたします。

 

最後まで自分の力でやり抜きました!

 

【手芸講座】第4回 11/26 小さなリバーシブル巾着

前回、ブログお休みさせていただきました。

わからないことがあれば、講座内にてごいつでも質問くださいね。

寒いですが、換気のため窓を開けて開催中。

*暖かい服装でお越しください・・

 

①紐を通す部分になる小さい方の布(二枚)の両脇を1センチずつ折ってなみ縫いする

5年生は縫うのも早ーい

4年生。しっかり定規を利用してくれてます

②それぞれの真ん中に折り目をつけて、
 表地(中表)→紐通し用の布(輪を下にする) →裏地(中表)の順に合わせる

順番と向きを間違えないでね

同じ物を二つ作ります

③上から0.5センチくらいに線をひき、なみ縫いをする

ちょっとかたいですが、頑張って縫いましょう

上手です!同じ物を二つ!

④表地、裏地同士を合わせて、縫い代に線をひきなみ縫いする

しっかり合わせて

 

ひっくり返すところを残して縫いましょう

⑤縫い終わったら、ひっくり返して縫い残しの部分をなみ縫いする。

出てきた紐通しに紐を通して出来上がり。

5年生の作品です

次回は12月10日最終回です。

【墨絵教室】11/26 栗とクリスマス

今回は、冬の始まりにふさわしい画材を大野先生が用意してくださいました。
いがに入った栗とクリスマスカードにぴったりなサンタ。リース、ゆきだるまやろうそくを描いてみまました。
今日の作品は12月の展覧会にウィークエンドスクールの作品として展示予定ですので楽しみしていてください。(作品は12月10日の講座で返却予定です)

■まずは栗の描き方を大野先生に教えていただきました
 薄墨を含ませた筆の先に濃い墨をちょっとつけてずらしながら筆を3回おくと
 栗ができあがり。いがは薄墨でぐるっと囲ったあ筆をたててイガイガを描きます。
 一本づつ描くとウニになっちゃうから枝分かれさせながら描くのがコツです。


■先生のお手本です
■サンタクロースの描き方も教えていただました。
 薄墨でお顔を描き、筆をねかせてぼうしとマントを描くとサンタさんのできあがり。

■クリスマスカードの先生のお手本です。

■大野先生、阿部先生、野村先生がみんなの席をまわって教えてくださいます。
 半紙をつかって何度も筆遣いを練習します

■みんなの作品です。本番は姫色紙です。栗とクリスマス、いろいろ描いてみました。